高賀神水庵
▲▲ 高賀癒しの郷サイトへ ▲▲

洞戸地域観光情報ページへ戻る


お世話頂いている高賀地区の皆さん

●高賀神水庵とミネラルウォータ「高賀の森水」の誕生までの経緯
・平成8年7月に地元高賀神社氏子らが高賀神社参道わき(高賀谷戸)で地下約50mの井戸を掘削し、宮水として利用した。(毎時3tの水)
高賀の「ふくべの霊水」と命名した。この水を飲んだ人からの反響が大きくなった。

・平成9年6月に愛知工業大学土質工学教授大根義男氏が「高賀山周辺は古生代から中生代にできた地質で霊水をとっている付近は、1億から2億5千万年前の砂岩層。2〜3本の断 層出たと隔離されている上に、砂岩層の上は水を通しやすく水がそのまま閉じこめられている 可能性が高い。」と説明される。

・平成11年6月23日に国の林業構造改善事業により「奥長良川名水館」が完成。非加熱無菌充填方式により、霊水をペットボトル詰めした「奥長良川高賀の森水」発売開始。(硬度18で超軟水の水、弱アルカリ性)

・平成12年10月25日に中日新聞社他マスコミで「高賀の森水」がシドニ−オリンピックマラソン金メダリスト高橋尚子選手が使用していたと報じられ、注文が殺到した。「高賀の神水庵」にも水を汲みに来る人が殺到している。

●入庵時間
・(夏期)4月〜11月AM7時〜PM6時30分、(冬期)12月〜3月AM7時30分〜PM6時30分
時間外はシャッターにより閉鎖します。
年末、年始や点検日、台風、大雪などの警報時は休庵の場合あり。

●入庵時の注意
・禁煙、ペット(動物)は入庵禁止です。
・入庵の時、初穂料、100円を御奉納下さい。1回、2個(大きさは関係なく,40リットル)まで汲めます。一回汲んで出てから、2回、3回と汲まれる場合、再度順番に後ろにお並び下さい。
その都度初穂料100円をお納め下さい。

*注意事項及びルールの遵守

混雑を解消する為、一人一回、二個汲んだら出て下さい。2度、3度と汲む場合は、必ず後ろに並ぶこと。汲む回転を良くする為と,公平感を保つ為、又、トラブルを起こさない為にも御協力下さい。
尚、ポリ容器は、2〜3週間に1回程度、殺菌消毒して、清潔にしましょう。

●神水庵連絡先: 岐阜県関市洞戸高賀(神水庵) TEL 0581−58−8100