毎年20万人以上の人がこの水を汲みに集まるという、高賀癒しの郷自慢の吊水の庵です。

 * 毎月一日は神事月次祭が催されます。 神水庵にて 午前6時30分〜  高賀神社にて午後8時〜
 <月次祭>:毎月一日に神様に対して参拝しながら神徳を得るもので有り、今月を無事に過ごせます様にお祓いを受ける祭です。お気軽にご参拝ください。

高賀神水庵誕生から現在までの経緯

神水庵 神水庵 平成8年7月、地元高賀神社氏子、崇敬者らが高賀神社参道の入口に位置する谷戸地内にあった大鳥居の手水用として、地下約50mの井戸を掘削したのがはじまりである。

当初からこの水をと飲んだ多くの人から非常に飲みやすく美味しいと反響が大きく、平成9年6月、愛知工業大学土質工学教授大根義男氏によって「高賀山周辺は古生代から中生代にできた地質で、掘削された付近は1億から1億5千万年前の砂岩層である。その砂岩層が2~3本の断層で隔離されている上に、砂岩層の上は水を通しやすいので、このころの水がそのまま閉じこめられていて、汲み出されて可能性が高い。《と説明がなされている。

高賀の氏子は、この水が高賀神社の境内(高賀神社遥拝所)より湧き出た水であることから、神様の御神徳によるものであり、水は御神威の表徴そのものでもあられるので、この水を真に求め必要とされる人には御神水として授与するという考えに立ちご奉仕することにした。

神水庵 神水庵 神水庵

奥長良川高賀の森水
平成11年6月23日、国の林業構造改善事業により高賀癒しの郷より5kmほど下流の板取川河畔に「奥長良川吊水館《が完成。非加熱無菌充填方式により、霊水をペットボトル詰めした「奥長良川高賀の森水《が誕生。販売を開始した。 (硬度18で超軟水の水、弱アルカリ性)
平成12年10月25日、中日新聞社他マスコミで「高賀の森水《がシドニ*オリンピックマラソン金メダリスト高橋尚子選手が使用していたと報じられ、注文が殺到。
原水地である「高賀の神水庵《には、現在も水を求めて訪れる人が後を絶たない。

入庵可能時間と入庵時の注意

神水庵 (夏期)4月~10月 AM7時~PM6時30分
(冬期)11月~3月 AM7時30分~PM6時
時間外はシャッターにより閉鎖します。
年末、年始(12月30日・31日、1月1日)や点検日、台風、大雪などの警報時は休庵の場合がございます。

注意事項及びルールの遵守
神水は庵内で自由にお飲みいただけます。
庵内は神社境内です。汚すことなく他者の迷惑にならないように行動願います。係員の指示には従ってください。
庵内は禁煙です。ペット(動物)の入庵は禁止させていただいております。

** 神水を容器にてお持ち帰りになる場合 ** は、以下の約束事の遵守をお願いします。
神水を容器に汲まれる場合は順番にお願いします。後からの割り込みは禁止です。
入庵の時、初穂料、100円を御奉紊下さい。1回に2個(1個に付き、上限20リットルの容器)まで汲んでいただけます。(計40リットルまで)
混雑を避ける為、1人1回、2個まで汲まれた後は一度庵から出ていただきます。続けて2度、3度と汲む場合は、必ず順番待の列の後ろに並んで下さい。
できるだけ大勢の皆様に等しくご利用いただく為に、また、トラブルを起こさない為にもご協力をお願いします。

神水庵 神水庵 神水庵

神水庵お問い合わせ先

岐阜県関市洞戸高賀 神水庵 TEL 0581*58*8100