image chara
ホーム  •  フォーラム  •  観光情報  •  サイト内検索
 メインメニュー
 最新ニュース
ホーム  >>  フォーラム  >>  NPO活動全般  >>  部会の部屋  >>  さつまいもPJ(プロジェクト)

さつまいもPJ(プロジェクト)

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2006-3-13 12:59
hide  常連   投稿数: 59
NPOの財源確保のために考えてみました。
しいたけは3年で原価の3倍にしかならないのに対し、さつまいもは半年で5倍にはなると思います。
それは最初の苗を親苗とし、親苗から子苗を取り、原価を下げる方法論です。
是非とも組織の壁を飛び越えて、実現できればと思います。

<さつまいも特徴>
肥料なし(最初に少しの硫安、後はカリ肥料である灰が必要)、手間要らず、農薬いらず、長期保存可、加工品応用可、設備もいらない
但し、一時的な労働力が必要(植付け・草引き・収穫)
<場 所>遊休地300坪
※イノシシ・サルの被害が無く、水はけ・日当りの良い所
>bonさん何処か適地は無いでしょうか?
<植付数>5,000本(植付け幅:畝60cm×苗間30cm)
<品 種>金時芋、紫芋
<収穫量>5,000kg
<販 売>4,000kg  残り1,000kgは新商品として売り出す
>ヤンママの新商品開発期待しています、但し試食でデブらないように!
<予 算>  
(売上)
芋直販   200,000円(4,000kg)
加工品   200,000円(1,000kg)
(支出)
金時芋苗代 10,000円(500本)
紫芋苗代  10,000円(50本)
ビニール   5,000円
支柱   5,000円
(利益)
売上総利益 370,000円
<スケジュール>
4月下旬 親苗植付(ビニールハウス550本)
※苗代節約のため早い時期に親苗を植え、親苗のつるをカットし10本の子苗を取る
6月中旬 子苗植付け(4,450本)
7月中旬と8月中旬 草引き 
※畑一面につるが這えば草引きの必要なし
11月下旬 芋掘り
<商品化>
石焼き芋、大学芋、フライドスィートポテト、スィートポテトチップ、鬼饅頭、サツマイモパン、イモケンピ、干し芋
<課題>
芋保存場所、4,000kgの販売(しいたけと違いこんなに売れるのか?)

1,000坪位やっても面白いかも、原価はせいぜい10万円・・・
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2006-3-13 23:57
takepon  半常連 居住地: 先祖代々洞戸  投稿数: 38
きのうはどうも、おつかれ様でした。
確かに椎茸だけではなかなか財源の確保は難しい
かなと、いろいろトライして洞戸NPOの特産品ができ
るといいですね。アルゼンチンのピィーマンは結構
いいかも、あと黒豆の枝豆が非常に旨いときいたことがあるので
ですが、食べたことない。
しかし、イノシシや猿の出ないとこは洞戸には無いと思います。
それから、日本の種をアルゼンチンに持って行った方がいいかもね?
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2006-5-14 18:02
hide  常連   投稿数: 59
今日サツマイモ親苗50本をtakeponさんと植えました。
takeponさんお疲れ様。
今回は2時間ほどの作業でした。
7月にはこの親苗から10倍の子苗を取り、植えつけます。
この時には沢山の人手が必要です。
takeponさん、bonさん、montasさん、nonさん7月宜しくご協力をお願いします。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2006-5-16 23:19
takepon  半常連 居住地: 先祖代々洞戸  投稿数: 38
しかし作業終了後の一杯が、非常にうまかつたね。
7月にも終了後の一杯やるんでしょうね、hideさん?

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2006-6-22 19:09
montas  管理人   投稿数: 1226
本日夕刻、さつまいもの苗植えをbonさんと行いました。

日曜(11日)に、お借りしている赤祖父地区の畑のウネづくりとマルチかけ、ミニトマトに茄子にピーマン、きゅうりの苗植えを完了していたので、梅雨どきの雨の日を狙って本命のさつまいもの植え付けです。(雨の日が根付けに最適なんだとか。勉強になります)

hideさん計画の親苗は今年の寒さもあってさっぱり育っていません。そこでbonさんが苗を無料で手配してくださいました。
11日も本日も船渡さんや近所のベテラン生産者M.M.さんにも御指導とお手伝いをいただきました おそらく見ていられなかったのでしょう(笑) 11日は朝6時?11時にかけて、いい汗かけました。
M.M.さんは青空市場にも出品してくださいますし、今後もNPOの畑仕事には心強い味方です。 こうして協働の和が広がれば願ったり叶ったりですね。

さて、肝心のさつまいもですが品種は不明。時期が遅いので味はよくないとの指摘はM.M.さんから。
こうなれば、予定通りヤンママさんの手による加工特産品の開発しかないですねぇ
畑管理や収穫、農作業はたいへんです。皆さんの協力と知恵の提供をよろしく。 さつまいもPJは応用が利きそうですし、何とか開花させたいものです。

長くなって恐縮ですが、こんな風に洞戸でご一緒に楽しみたい方、是非ご一報ください。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


Powered by XOOPS Cube 2.1© 2005-2015 NPO Horadomura furusato-j Official Site
Theme Designed by OCEAN-NET