image chara
ホーム  •  フォーラム  •  観光情報  •  サイト内検索
 メインメニュー
 最新ニュース
ホーム  >>  フォーラム  >>  教育(学び)の広場  >>  子供の学習  >>  Horado祭 & Horado祭 in ユキヒロライブ

Horado祭 & Horado祭 in ユキヒロライブ

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2008-11-2 2:13
non  住人 居住地: 町から山越えしたとこ  投稿数: 304

子どもたちの合唱が思っていた以上に素晴らしい出来で、大感動でした。
合唱曲だからもっとゆったりした曲なのかと思っていたら、テンポの良い,歌詞も難しい曲だった事にも驚き、子どもたちの頑張りを心から褒め称えたいと思います。

ユキヒロさんのブログのコメントを読んでいたら、omutoさんが「洞戸中の子どもたちに感動を与えたい」と理事会で熱弁された時のことを思い出しました。
中学校の先生までもコメントをカキコして下さってるのを見て「大成功!(^^)v」って思いになりました。
たくさんの保護者の方ともお会いする機会があったのですが、皆さん「Horado祭よかった!」と言ってましたよ。

いろいろな方のご協力があって今日の日を迎え、会場の皆さんが喜んで下さり、ユキヒロさんを囲んでの食事会ではnobuさんの音頭で、来年の“ピースベルフェスティバル in Horado”(2009/10/16・17)まで決まってしまいました(^^;
「感動する」ってことは、これだけ早いスピードで次への繋がりが生まれるのですね。

Horado祭の舞台看板には「誇ろう!我らが洞戸中」とサブタイトルが書いてありました。
洞戸中の三本柱のひとつ「合唱」から「HEIWAの鐘」「ユキヒロさん」と繋がり、「ピースベルフェスティバル」が洞戸で開催されるようになれば子どもたちは「キウイ」以外にももうひとつ「誇れる我が中学校・我が故郷」が出来ると思います。 きっと今日の子どもたちや会場にいた皆さんは「世界一素晴らしい場所・洞戸」を実感してくれたのではないでしょうか。 そう思ってもらえるイベントにわずかながらに携わらせてもらえた自分自身が“幸福感”を味わえ、また子どもたちに感動を与えたいと次なる楽しみをもらえました。

omutoさん、塾生の皆さん、来年は今日より多くの人に感動してもらえる「洞戸」を目指して頑張りたいですね。
投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008-11-2 10:54
montas  管理人   投稿数: 1233
昨日の準備のバタバタがウソの様に、一夜明けて感動の投稿記事やコメントを拝見しました。
あまりの感動にいきなりの投稿の様ですので、少し説明をば(笑)

昨年の関市連合音楽会で、洞戸中学校の生徒が「ユキヒロ」さんの「HEIWAの鐘」を歌いました。これが大好評。
「ユキヒロ」さんは東京・沖縄を中心に活動してみえますが、ご自身が作詞作曲した「今日から明日へ」「HEIWAの鐘」が高校生音楽教科書にも採用され全国の合唱コンクールなどでも盛んに歌われています。
http://www.yukihiro-okinawa.com:80/
前述の塾生の熱い思いで、洞中生と生のユキヒロさんとのコラボをと、ふるさと塾が企画したのが今回の洞戸中学校の文化祭への出演です。

ブログへのコメントを見ても、いかに生徒達に感動を与えていただいたかが伝わります。
ユキヒロさんを始め、今回のライブの成功にご尽力いただいた先生方とPTAの皆様にこころより感謝申し上げたいと思います。

ありがとうございました!
また、皆さんで感動を生み出しましょう。。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2008-11-2 21:24
omuto  新人   投稿数: 20
ユキヒロさんの人柄がすばらしかったですね。
あんなすばらしい人だから
あんなすばらしい歌を作ることができるんだと思いました。

沖縄の言葉を幾つか教えていただきました。
「イチャリバ チョーデー」 行き会えば兄弟
私たちも、今回のこのご縁を大切にしていきたいと思います。

「チムグルサン」 肝苦しい=かわいそう
沖縄では、「かわいそう」という気持ちを
人の痛みを自分の痛みとして感じながら
「自分の肝が苦しくなった」と表現するのだそうです。
洞戸の人々の心のやさしさにも通じる言葉ですね。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


Powered by XOOPS Cube 2.1© 2005-2015 NPO Horadomura furusato-j Official Site
Theme Designed by OCEAN-NET