image chara
ホーム  •  フォーラム  •  観光情報  •  サイト内検索
 メインメニュー
 最新ニュース
  ホーム >> RSSセンター >> 慈恩護国禅寺

RSSセンター

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link 洞戸なんでもあり・・・情報 洞戸なんでもあり・・・情報 (2018-9-9 18:06:05)

feed 慈恩護国禅寺 (2017-5-28 14:19:11)
div class_='wiki'h3a name='section-1'/a鍾山 慈恩護国禅寺/h3 /divbr / div class_='wiki'img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/13/42648813/img_0_m?1495974988 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 1 class_=popup_img_640_428 br /  br / img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/13/42648813/img_1_m?1495974988 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 2 class_=popup_img_640_428 br / /divbr / div class_='wiki' 郡上八幡の街中にある、八幡城主 遠藤氏、金森氏ゆかりの禅寺 慈恩護国禅寺です。br / /divbr / div class_='wiki' この寺の始まりは、慶長11年(1546)、八幡城主 遠藤但馬守慶隆公が開基で、京都大本山妙心寺から、半山禅師を迎え創建。 br / /divbr / div class_='wiki' ご本尊は釈迦如来です。br / /divbr / div class_='wiki'div class_='indent' b 棠林和尚 /bの代には、禅堂(修行道場)が開かれ、多くの禅僧を育てた場所なのです。この棠林和尚はb 隠山 /b門下で、隠山和尚は、白隠禅師の法を継いで、後に棠林をはじめ、多くの臨済禅の僧を全国に排出した人物で、現在の臨済禅寺の約半数は、隠山の法を継ぐものとなっています。br / br / br / br / /div img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/13/42648813/img_2_m?1495974988 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 3 class_=popup_img_640_428 br / /divbr / div class_='wiki'img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/13/42648813/img_3_m?1495974988 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 4 class_=popup_img_640_428 br / /divbr / div class_='wiki'img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/13/42648813/img_4_m?1495974988 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 5 class_=popup_img_640_428 br / /divbr / br / div class_='wiki' 大変立派な本堂ですが、明治26年に大水害で裏山が崩壊し、山門、勅使門を残してすべて崩壊してしまう大災害にあっています。 この時、天皇家よりお見舞いを賜っていて、その三年後に再建さて、現在に至っているそうで、「#33614;草園」で有名な裏庭が見事に復元されたことに驚きです。br / /divbr / br / div class_='wiki'img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/13/42648813/img_5_m?1495974988 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 6 class_=popup_img_400_597 br / /divbr / br / div class_='wiki'img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/13/42648813/img_6_m?1495974988 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 7 class_=popup_img_640_428 br / /divbr / div class_='wiki' b 「#33614;草園」 /bの#33614;草 b (てっそう) /bとは、「美男かずら」または「さねかずら」のことで、モクレン科の植物。 #33614;草とはこれらの中国名とのことです。br / /divbr / div class_='wiki' 広い畳の間から座って眺める庭園は、正面に大きな岩と、そこから流れる瀧の音が、br / 静まりかえった空間に響いて、時間が止まった感さえしました。br / /divbr / div class_='wiki' 新緑の綺麗な庭の中央にお祀りしてあるのが、弁財天の祠です。br / /divbr / br / br / div class_='wiki'img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/13/42648813/img_7_m?1495974988 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 8 class_=popup_img_400_300br / ▲ 美男かずら、さねかずら br / div class_='indent'  br / /div img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/13/42648813/img_8_m?1495974988 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 9 class_=popup_img_640_428 br / /divbr / div class_='wiki' 紅葉の時期はさぞ綺麗な景色になるのでしょうね。br / /divbr / div class_='wiki'  br / /divbr / div class_='wiki'img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/13/42648813/img_9_m?1495974988 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 10 class_=popup_img_400_597  br / div class_='indent'  br / /div img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/13/42648813/img_10_m?1495974988 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 11 class_=popup_img_400_597br / /divbr / div class_='wiki'div class_='indent'  この寺の水琴は、明治時代の後半に設置されたものですが、水琴窟は江戸時代に考案されたもので、日本庭園の最高技法とも言われ、そのルーツは、江戸時代の茶人、小堀遠州が考案した「洞水門」が原型とも言われているのだそうです。br / /div   br /  水琴窟の音色は微かにかん高い音色を立てていましたが、静まり返った庭だから聞こえるのですね。br / /divbr / div class_='wiki' br / /divbr / div class_='wiki'■場 所  岐阜県郡上市八幡町島谷339br / /div


execution time : 0.098 sec
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2005-2015 NPO Horadomura furusato-j Official Site
Theme Designed by OCEAN-NET