image chara
ホーム  •  フォーラム  •  観光情報  •  サイト内検索
 メインメニュー
 最新ニュース
  ホーム >> RSSセンター >> 大智寺の紅葉

RSSセンター

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link 洞戸なんでもあり・・・情報 洞戸なんでもあり・・・情報 (2018-9-9 18:06:05)

feed 大智寺の紅葉 (2017-11-27 19:52:05)
div class_='wiki'h3a name='section-1'/a雲黄山 大智寺の紅葉/h3 /divbr / div class_='wiki'img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/85/42845785/img_0_m?1511793088 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 1 class_=popup_img_640_360br / /divbr / div class_='wiki'img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/85/42845785/img_1_m?1511793088 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 2 class_=popup_img_640_360 br / /divbr / div class_='wiki'div class_='indent' ここは何度かブログにアップしている、紅葉がとっても美しい大智寺です。br / /div やっぱり11月の下旬にならないと、紅葉の見ごろにはならないようですね!br / /divbr / div class_='wiki' br / img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/85/42845785/img_2_m?1511793088 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 3 class_=popup_img_360_640br / /divbr / div class_='wiki' 葵の紋のついた門をくぐるとと正面に見えてくるのが、岐阜県指定の天然br / 記念物「大檜」です。樹齢約700年と言われていますが、大智寺の歴史を感じbr / させてくれます。br / /divbr / br / div class_='wiki'img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/85/42845785/img_3_m?1511793088 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 4 class_=popup_img_450_253 br / ▲本堂br / /divbr / div class_='wiki' 大智寺は明応9年(1500年)に玉浦宗眠(ぎょくほそうみん)が開山したと伝えるbr / 臨済宗妙心寺派に属する禅宗の古刹です。br / /divbr / div class_='wiki' この寺は、もともと天台宗の寺院として建立されましたが、戦国時代には荒廃してbr / しまったようで、それを、北野城主・鷲見美作守保重が再建したと伝えられています。br / /divbr / div class_='wiki' 鷲見氏と言えば、郡上は高鷲の土豪で、木地師との説もあるようですが、天皇家とのbr / 繋がりもあり、戦国の世の美濃国では「武勇に長けた氏族」として、岐阜の北野を拠点とし、一時は土岐家の重鎮として西は山県にも勢力を伸ばし、京都や、伊勢での戦でも手柄を立てていた時期がありました。br / /divbr / br / div class_='wiki'div class_='indent' 斎藤氏に仕えていた鷲見氏の最後は、永禄10年(1567)織田軍に攻められた後、高富を経て郡上へ落ち延びていくことになります。br / br / br / br / /div img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/85/42845785/img_4_m?1511793088 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 5 class_=popup_img_640_360 br / ▲鐘楼br / /divbr / div class_='wiki'img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/85/42845785/img_5_m?1511793088 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 6 class_=popup_img_640_360br /  br / /divbr / div class_='wiki'img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/85/42845785/img_6_m?1511793088 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 7 class_=popup_img_640_360 br / /divbr / div class_='wiki' 当寺は、徳川時代に、幕府より十八石八斗の御朱印を受けて、葵の紋章のbr / 使用を許されています。br / /divbr / div class_='wiki' そしてここに見られる本堂古瓦を使用した瓦土塀(信長塀)が、一際目を引きます。br /  br / /divbr / div class_='wiki'img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/85/42845785/img_7_m?1511793088 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 8 class_=popup_img_640_360 br / /divbr / br / div class_='wiki'img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/85/42845785/img_8_m?1511793088 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 9 class_=popup_img_640_360 br / /divbr / div class_='wiki'div class_='indent' 瓦には「葵の紋」が付いていましたよ!br / br / br / /div img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/85/42845785/img_9_m?1511793088 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 10 class_=popup_img_640_360 br / /divbr / div class_='wiki'div class_='indent' 境内のみもじの木の下にあるお社、何方をお祀りしてあるのかはわかりませんが、br / /div 木漏れ日のなか、気持ちのいい空間でした。。br / /divbr / br / div class_='wiki'img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/85/42845785/img_10_m?1511793088 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 11 class_=popup_img_640_360 br / /divbr / div class_='wiki' br / img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/85/42845785/img_11_m?1511793088 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 12 class_=popup_img_640_360 br /  br /  俳人『松尾芭蕉』の弟子として知られるb 美濃派俳諧 /bの始祖b 各務支考 /bは、大智寺にて6〜19歳まで大智寺の弟子として過ごし、正徳元年(1711年)br / この地に戻りました。br / /divbr / div class_='wiki' 各務支考のb 『獅子庵』 /bが、この小さな池の横に、再建されて残っています。 br / /divbr / div class_='wiki'img src=https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-47-24/go003322/folder/807573/85/42845785/img_12_m?1511793088 width=560 alt=#x0030a4;#x0030e1;#x0030fc;#x0030b8; 13 class_=popup_img_640_360br / ▲参道br / /divbr / br / br / div class_='wiki'◆b 場 所:岐阜市山県北野668-1 /b br / /div


execution time : 0.350 sec
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2005-2015 NPO Horadomura furusato-j Official Site
Theme Designed by OCEAN-NET