image chara
ホーム  •  フォーラム  •  観光情報  •  サイト内検索
 メインメニュー
 最新ニュース
ホーム  >>  フォーラム  >>  NPO活動全般  >>  部会の部屋  >>  サルトラヘビのシッポ、販売開始!  >>  サルトラヘビのシッポ、販売開始!

サルトラヘビのシッポ、販売開始!

このトピックの投稿一覧へ

なし サルトラヘビのシッポ、販売開始!

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2012-8-26 20:18
montas  管理人   投稿数: 1226
この度、洞戸村ふるさと塾は”サルトラヘビのシッポ”の販売を開始しました。
サルトラヘビは洞戸の高賀神社に伝わる伝説の妖魔で、私どもNPOのマスコットキャラクターになっている珍獣です。

今回販売したこのシッポの正体はヘビウリ(セイロン瓜、スネークメロン)で、インド産の夏野菜です。
見た目は蛇そのもので不気味ですが、食べてみると、クセがなく歯ごたえもほどほどで飽きのこない食材です。和え物から漬け物、生野菜としても美味しく食べられます。
細身のシッポを塩こしょうで味付けした油炒めは、食べだすと止まりません。。

この野菜、塾が経営していた青空市場に塾生のお一人が出品してみえたのですが、グロテスクすぎて手に取るお客さんはいません。ところが調理法を説明して購入いただくと大半の方がリピーターに。
蛇そっくりなのを逆手に取って、サルトラヘビのシッポとして売り出したら愛嬌があって親しみやすいし、洞戸の特産品ともなれば宣伝効果は抜群です。
購入をきっかけに、洞戸とともに洞戸の名所、”高賀癒しの郷”を広く知っていただけたら何より。

そこで今年、本格栽培をはじめた場所が、昨年度手がけた”キウイの里、洞戸復興プロジェクト”で造作して、キウイフルーツの観光農園を目論む新圃場です。もちろん無農薬、無消毒栽培。
キウイフルーツは苗木から枝が棚に広がって実が成るまでに4〜5年かかります。その間、キウイ棚を遊ばせておく手はありません。カボチャやスイカも棚栽培が可能なのですが、鳥獣被害の多発する洞戸ではえさ場と化します。そこでシッポの登場です。シッポの栽培にはキウイ観光農園の高めの棚が最適で、猿にとって蛇は天敵ですから猿除けにもなりそう。
昨日たまたま猿に襲われた高賀の畑に立ち寄る機会がありましたが、かじられた茄子や芋を尻目にシッポは無事でした。
今のところキウイ圃場のシッポも大丈夫です。
ただ、太いシッポを生かじりしてみたところ、キュウリと同様にコリコリしてみずみずしかったので、タコを食べた人間よろしく、勇気のある猿が食べてみて美味しさを学習する日もそう遠くないのかもしれませんが。。

塾で行った育苗から、キウイの圃場と棚を利用した栽培過程、見事にぶら下がったシッポ、一押しの炒め物の画像と販売告知用のPDFもろもろを挙げておきます。
来年は洞戸のあちこちで栽培いただいて、名実ともに洞戸を代表する特産品としての拡販を目指します。

現在、洞戸の”道の駅ラステンほらど”や”高賀円空茶屋”、美濃市の道の駅”美濃にわか茶屋”でも販売しています。お客さんはもちろん、他の生産者の方も興味津々です。
もし見かけられたら、ご購入のうえ、洞戸の特産品、サルトラヘビのシッポらしいよと宣伝をよろしくお願いします。




投票数:2 平均点:5.00

投稿ツリー

  条件検索へ


Powered by XOOPS Cube 2.1© 2005-2015 NPO Horadomura furusato-j Official Site
Theme Designed by OCEAN-NET