image chara
ホーム  •  フォーラム  •  観光情報  •  サイト内検索
 メインメニュー
 最新ニュース
ホーム  >>  洞戸の風景  >>  高賀山 山頂付近の巨石群

アルバムトップ : 撮って来ました。 :   高賀山 山頂付近の巨石群

[<     6  7  8  9  10  11  12     >]

 高賀山 山頂付近の巨石群
高賀山 山頂付近の巨石群高ヒット
投稿者mms-tmms-t さんの画像をもっと!   前回更新2014-6-24 23:16    
ヒット数1899  コメント数(0)    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)
 山頂(1,224m)より、板取方面へ尾根伝いに向かって、身の丈ほどのある笹の中をかき分けて進むと、通称「岩門」と呼ばれている巨石群に行き着きます。

 その岩門を北側かに見ると、南側から見たものとは全く違って、岩と岩で組み合わせて造られているように感じます。

 その岩の真下から上を覗くと日の光が見えます。

 そこから差し込む光が、夏至や冬至、春分、秋分の光をとらえるような構造になっているとすると、この巨石群は、暦の役割を果たす遺跡なのかも知れません。


 岩門東側の上部には、南北を指し示すように置いた細長い角状の石があって、また、その石の位置を固定するかのように、台座の石が人口的に組まれているような形状になっています。

 今後は、山頂からの道の整備も必要ですし、専門家を招いての調も必要になってきます。


[<     6  7  8  9  10  11  12     >]

コメント一覧



Powered by XOOPS Cube 2.1© 2005-2015 NPO Horadomura furusato-j Official Site
Theme Designed by OCEAN-NET