image chara
ホーム  •  フォーラム  •  観光情報  •  サイト内検索
 メインメニュー
 最新ニュース
ホーム  >>  ニュース  >>  まちづくり委員会活動  >>  洞戸発、本物の生ハム
まちづくり委員会活動
まちづくり委員会活動 : 洞戸発、本物の生ハム
投稿者 : montas 投稿日時: 2012-07-24 22:05:34 (2224 ヒット)

昨晩、久しぶりに開催された”郷土展望講演会”に行ってきました。

今回は、第一回目の講演者でもあった多田昌豊さんの再講演会。
多田さんは本場イタリアに単身で乗り込み、大変な苦労の末、生ハムづくりの全ての行程を習得、東洋人で唯一パルマハム職人と名乗ることを許された本物の生ハム職人です。

そんな人材が、この洞戸の地で夢を追い、実現に向けて躍進を遂げようする正にその現場に立ち会える幸せを、参加者一堂で噛みしめられた素晴らしい講演会となりました。
3年前の講演では、洞戸で生ハム工場を建設し本物の生ハム文化を日本に広げたいという夢を語られましたが、今回は、いよいよその夢の販売を来月に控えての講演会で、貴重な生ハムの試食もあるということで、事前に予約いただいた40名ほどの聴講者が集結しました。
18ヶ月以上の手間をかけて丁寧に熟成させたハムは、肉ではなく刺身の感覚で扱い食して欲しいとの多田さんの説明通り、舌の上でトロけチーズの様な風味が広がりました。
洞戸や関市どころか、岐阜県の宝とも成り得る可能性を秘めた多田さんの生ハムですが、洞戸高見の工場での対面販売を主力にしたいとのことです。
特殊なハム工場の建設に大きな資本を投下されており、当然我々の口には入らない高級レストランでの販売に限られると思い込んでいたのですが、大勢の人に訪れていただける洞戸にとってもこれは朗報です。

ただ、現在は奥さんとお二人での販売ですし、どんどん生産できるものではないですから、その辺りはご理解をお願いして、せっかくですので連絡先を記しておきます。
是非、多田さんのご説明も直接聴きながら、他では絶対に食べられない、ペルシュウと名付けられた日本産本格生ハムを貴方の舌でお確かめください。

------------------
店名 BONDABON
URL http://bondabon.com/profilo_a.html
営業時間 9〜5時 電話 0581-58-8150
------------------

0コメント
印刷用ページ このニュースを友達に送る

コメント一覧

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2005-2015 NPO Horadomura furusato-j Official Site
Theme Designed by OCEAN-NET